審美治療

審美治療とは?

宮下歯科室 審美治療

「歯が黄色くなって見た目が悪い…」
「矯正治療をするほどではないけど、歯並びが少し気になる…」
「詰め物をしてもらったけど、金属が目立って嫌だ…」
皆さんにはこのようなお悩みはないでしょうか?

虫歯や歯周病になったり、歯が抜けてしまったら、一般的な歯科診療で最低限の治療を行います。
一方、審美治療では、上記のようなお悩みをお持ちの方に対して「ただ病気を治すだけ」ではなく「機能も見た目もより良くする」治療を行います。

当院の審美治療の4つのポイント

  • 1.自然な白い歯の作製・提供
  • 2.歯並び・噛み合わせの改善
  • 3.虫歯や歯周病、口臭の予防処置
  • 4.将来的に残せる歯の数を増やす

当院では、天然歯に限りなく近い形状や色調・質感を再現する「審美性」、また健全な歯並びや噛み合わせを目指した「機能性」を両立した審美治療をご提供いたします。

当院で提供する審美補綴治療

歯を修復するための補綴物(ほてつぶつ)には、以下の2種類があります。

補綴物の種類

・詰め物(インレー)・・・小さな虫歯治療などを行ったとき、削り取った部分に詰める修復物
・被せ物(クラウン)・・・大きな虫歯治療や根管治療を行ったあとに装着する、歯の形をした修復物

このほか、当院では患者様のご要望に応じてホワイトニングや矯正治療、セラミック治療といった治療法を組み合わせるなどして、1人ひとりの患者様に最適な治療プランをご提案いたします。

ハイブリッドレジン

宮下歯科室 ハイブリッドレジン

ハイブリッドレジンは、保険適用のレジンと保険適用外のセラミック材料を混ぜ合わせた素材です。
保険適用のレジンは変色しやすく、透明感もありませんが、ハイブリッドレジンではセラミック材料がこれらの欠点をうまく補ってくれます。
ただし、オールセラミックよりも透明感はないため、前歯の修復には不向きです。

オールセラミック

宮下歯科室 オールセラミック

オールセラミックとは、本物の歯のような自然な白さ・透明感を実現する身体に優しい補綴物です。
金属を使用せず、変色の心配もありません。
ただし、あまり耐久性の高い材料ではないため、通常は奥歯の修復には使用しません。

オールジルコニア

宮下歯科室 オールジルコニア

オールセラミックとは、本物の歯のような自然な白さ・透明感を実現する身体に優しい補綴物です。
金属を使用せず、変色の心配もありません。
ただし、あまり耐久性の高い材料ではないため、通常は奥歯の修復には使用しません。

メタルボンドポーセレン

宮下歯科室 メタルボンドセーレン

メタルボンドポーセレンとは、ポーセレンと呼ばれる陶器素材の内側に金属を打ち付けた素材(被せ物)です。
内側の金属で耐久性を向上させているため、表面のポーセレンが欠けない限り半永久的に使用できます。
ただし、金属アレルギーのある方には使用できません。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、複数のプラスチック系材料をお口の中へ直接盛りつけていき、天然歯のような自然な色・形を再現する治療法です。
耐久性が高く、これまで使用されてきた保険適用のプラスチック材料よりも変色しにくいメリットがあります。
型取りを行う必要がないため、ご来院いただいたその日に治療を終えることができます。

ダイレクトボンディングを詳しく見る

ラミネートベニア

宮下歯科室 ラミネートベニア

ラミネートベニアは、前歯の表面をわずかに削り、そこへ付け爪のように薄いセラミックを貼り付けることで、白く透明感のある前歯を実現する治療法です。
歯並びのわずかなすき間を整えたい方や、ホワイトニングの効果が出にくい方にオススメしています。
歯を削る量が少ないため麻酔は必要なく、治療も短期間で終了します。